カードローンは利息を比べて選ぶべき

カードローンは、利息を比較して選ぶべきです。その理由は、できるだけ低いほうが返済が楽になるからです。借りる額が少なければその影響はわずかですが、額が大きくなるとその影響も大きくなります。したがって、できるだけ低いに越したことはないのです。傾向としては、消費者金融業者よりも銀行の方が低くなります。その理由は定かではありませんが、低い分審査が厳しめの傾向にあります。
消費者金融業者の場合は、ほとんど金利の差はありません。各社とも、利息制限法の上限一杯に設定されています。理想制限法の上限は、10万円以上100万円未満の場合は18パーセントです。10万未満は20パーセントとなっていて、100万以上は15パーセントです。キャッシングは利用をするのが手軽でつい使いすぎてしまいますが。この金利は目的ローンと比べるとかなり高いです。そのため、よく返すときのことを考えて借りるようにしてください。
ただ、貸金業の影響を受ける業者の一つであるクレジット系の会社の場合は、少し金利が低いところもあります。例えば、オリックスクレジットは、最高年率が16.8パーセントと、銀行並みの低水準です。そのほかにもこういった利率が低いところがありますので、やはり比べることには意味があります。
比較の際には、インターネットの情報サイトも活用することをおすすめします。情報が一元化されていて、情報を見比べやすいからです。一つ一つチェックしていく手間が省けます。