カードローンの総量規制とは何なのか

カードローンを利用していく中で無視することのできない要素となるのが総量規制です。
これは貸金業法によって規定されている消費者への消費目的融資の額の制限のことで、具体的には融資を希望する個人の年収の3分の1が上限となっています。
例えば年収が300万円であれば100万円までといったように制限がされるわけですが、この総量規制が作られた理由は過去に行われた消費者金融の過剰な融資にありました。
高い金利を課したうえで行われた融資は借入を行った個人の返済が可能な域を超えてしまう過剰な貸し付けとなってしまい、それによる債務整理などを防ぐために融資総額に制限がかけられるようになったわけです。
さて、ですがこれはあくまでも貸金業法によって規定されるものであるというのは注意が必要です。
貸金業法とは貸金業者の経営を制限する法律であるわけですが、現在だと銀行もカードローンを運営するようになっています。
銀行は貸金業法の影響を受けることはありませんから、総量規制による貸付の額の制限は対象外とされているのです。
よって年収が無くて融資を受けられない専業主婦などであってもここからであれば借入をすることが可能です。
もちろんそれで気を良くして借り過ぎてしまうというのは絶対に避けなくてはなりませんが、最近だと審査についてもかなりスピーディーに返答が返ってくるようになっていますから、もしお金を借りる必要がある時は利用を検討してみると良いでしょう。